ホットスムージー ダイエット

ホットスムージーで体を温める

数年前からグリーンスムージーが大流行しています。
野菜を中心に、お好みで果物なども加えて飲みやすくし、朝食の代わりに飲んでいると言う方も多いのではないでしょうか。グリーンスムージーとは名前の通り生野菜を使うわけですが、食べるとなると大変なほどの量のものをミキサーなどで撹拌させることでカサが減り摂りやすくするので、体にとって良いものとされてきました。
またダイエット中は、栄養バランスが偏りがちなので、それを補えるという点もグリーンスムージーが流行した理由の1つではないでしょうか。
しかし、グリーンスムージーは生野菜や果物に水や冷たい牛乳を加えて作るので、冷たい仕上がりになります。ダイエットに冷えは禁物です。ダイエット中でなく栄養補給が目的でグリーンスムージーを飲むという方の場合でも、体を冷やすということは決して良いことではありません。体温が下がると免疫力も下がります。反対に体温を上げることが免疫力を高めるので健康的に、またダイエットにも有効です。
体を温められるスムージーが「ホットスムージー」です。

 

ダイエットを成功させるために必要なこと

体重を減らしたいだけであれば、極端なことを申しますと食事を摂らないことです。
食べなければ痩せます。しかし、それは体にとって悪いということは、どなたでも思われることでしょう。健康的にキレイに痩せたいというのが誰もが理想としているダイエットの成功だと思います。その為には、

 

  • 適度な運動
  • マッサージ
  • 入浴

 

これらのことを行い、余分な水分を流してリンパの流れをよくすることが大切です。
また毎日の食事を見直し改善することも大切です。
運動を定期的に行っても、入浴にマッサージを念入りに行っても食生活が乱れていては、せっかくの努力が実りません。
食事の改善で毎日たくさんの野菜を摂ることは大変なのでスムージーが流行ったのでしょう。しかし上記でも申しましたが、スムージーは体を冷やしてしまうので、せっかくたくさんの野菜に摂取しても体が冷えてしまっては効果も減ってしまいます。体を温められるスムージーがあれば問題はありません。それが「ホットスムージー」というわけです。

 

ホットスムージーで酵素はどうなるのか

ここで1つ疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれません。
「酵素」は、生もしくは低温でないと死んでしまうのではないか?ということです。
野菜を加熱することによって酵素は死んでしまいます。しかし、加熱することによって酵素以外に効果が上がることもあるのです。

 

抗酸化力が上がります

スムージーによく使われる、ほうれん草は茹でることで抗酸化力が活性化されます。生の状態より茹でることで抗酸化力は約2倍も高まるという研究結果が出ています。

 

腸内環境を整えます

整腸作用があると言われているリンゴですが、これも冷たいものを摂るよりも温めた方が水溶性食物繊維ペプチンの含有量が増えます。他にもヨーグルトは温めることでカルシウムの吸収率が上がります。腸を冷やさないと善玉菌の活動を妨げることがないので善玉菌は冷たいものを嫌います。冷えから便秘になるという方にもホットスムージーをお勧めします。

 

体を温め栄養補給

今までのグリーンスムージーで体を温められれば良いのですから、グリーンスムージーを温めて作れば良いということです。上記で酵素について触れましたが、加熱処理することで酵素は死んでしまいますが、それ以上に得られることがあることがわかりました。
ダイエットにも健康な体の為にも「冷えは禁物」です。
ホットスムージーで、たっぷりの栄養を摂りながら体も温めてあげられたら良いですね。
温かい飲み物を飲むと気持ちがリラックスします。温かい飲み物には体を温めるだけでなく、気持ち(こころ)をリラックスさせてくれる効果もあります。ダイエット中はなにかとストレスを感じることが多いかもしれませんが、ホットスムージーを飲んで体も心もホッとリラックスできるといいですね。更に基礎代謝もアップするという嬉しい効果があります。
グリーンスムージーは毎日飲むので、材料を常備させることに苦労はしていないでしょうか。
新鮮野菜を常に揃えておくことは大変なことかと思います。
ホットスムージーを作る場合も同じです。そこでお勧めするのが「ベジホッと」です。
グリーンスムージーを作る粉末のものが様々なメーカーから販売されていますが、それらは冷たいスムージーを作ることを前提とされているので、お湯で割って作って同じ効果が得られるかわかりませんし、味もお湯で割ることで美味しく飲めるのかなどわかりません。
「ベジホッと」はお湯など温かいもので作ることを前提として作られているので、温かいスムージーを美味しくいただけます。

 

ベジホッとをお勧めする理由

ベジホッとには多くのお勧めポイントがあります。

 

200種類以上の野菜や果物を凝縮しています

42種類の野菜、19種類の穀物類、90種類の野草や食物類その他、7種類の海藻類が原材料となっています。
これだけの種類を自分で揃えて作るのは不可能に近いと思いますが、ベジホッとなら可能です。

 

朝と夜それぞれ取れるよう2種類の味があります

朝専用のトマトジンジャーと夜専用のトマトりんごがあります。
トマトジンジャーは、しょうがの辛味が効いています。体が1日ぽかぽか温まります。
トマトリンゴは、リンゴの酸味とハチミツの甘さで夜リラックスできるような味になっています。
朝専用と夜専用とありますが、朝夜に限らず、いつ飲んでも問題ありません。

 

置き換えダイエットとして気負わず使える低価格

ベジホッとは200種類以上もの栄養が凝縮されているのにも関わらず1回分が150円という低価格です。多くの置き換えダイエット商品は高いので、試す機会がなかったという方も、1日1食の置き換えなら150円なので、気軽にお試しできるのではないでしょうか。

 

腸内環境を整えてくれます

腸内環境を整える為には、乳酸菌や食物繊維が必須となります。ヨーグルトなどの乳酸菌を含む食品や食物繊維をバランスよく摂取することが大切です。
ベジホッとは、1杯で3000ミリグラムの食物繊維と乳酸菌、それにオリゴ糖が入っています。腸内環境を整えることは、健康に、そして美肌に、ダイエットにもとても大切なことです。

 

作り方が簡単

ベジホッとの作り方は、とてもシンプルで簡単です。

 

  1. カップにベジホッとをカレースプーン1杯(約10グラム)分入れます。
  2. お湯を100〜120ml注ぎ、スプーンで混ぜて溶かします。
  3. 完成です。

 

とろみがあるので、食事をする感覚で楽しむこともできます。
ベジホッとは作ってから少し時間をおくとトロみが出ます。食事をしている感覚で飲めるので満足感も得られ、置き換えダイエットに適しています。

 

いろいろな質問と回答

ホットスムージー「ベジホッと」が体に良く健康にダイエットができそうということは、ご理解いただけたかと思いますが、他にも疑問に思われることがあるでしょう。それらを以下にまとめました。

 

満足感について

ベジホッとは腹持ちのいい食物繊維を配合しています。また、お湯を注いで少し時間をおくと、とろみがでるので満足感が得られます。他にもお湯ではなく、温めた牛乳やヨーグルトに混ぜると、その分カロリーは増えますが、食事をする感覚になるので、より満足できるでしょう。

 

朝夜専用となっていることについて

ベジホッとは健康食品なので、朝・夜など関係なく飲んで大丈夫です。

 

品質管理について

静岡県の工場で生産しています。衛生面・品質管理の為のチェック、目視でのチェックなどを徹底しています。また食品分析検査、微生物検査など、完成品についても各種検査を行っています。

 

味について

美味しさについては自信があります。
味の好みは様々ですので、飲んだ方全員が美味しいと思いますとは断言はできませんが、半年以上の時間をかけ味の改良を行いました。多くのモニター様から「美味しい」という評価を得ています。

 

価格について

原材料の新鮮さ保持のため、1000袋限定で生産しております。
ホットスムージーを手軽の飲めるベジホッと、発売記念キャンペーンで25%オフの価格(通常3,980円→キャンペーン中2,980円)で購入できます。

 

安くて美味しくて健康にダイエットできるベジホット

栄養満点なスムージーをホットでいただくホットスムージー「ベジホッと」は、1杯150円なので、置き換えダイエットとして低価格、そのうえ健康的に、そして心もホッとできるベジホッとを飲んで心も体もホッとしてみませんか。
美味しく飲んでストレスフリーでダイエットができるでしょう。
ホットスムージーダイエットが体系的にまとまっているサイトを見つけました!
その名も「ホットスムージーダイエット」!そのまんまですが、これからホットスムージーに挑戦しよう!という方には分かりやすいと思います。